会社情報

代表挨拶

創意無限を旗印に掲げブラシ事業を引き継ぎ7年。
改めて振り返れば、弊社はその7年間、一体何をして来たのか。ブラシ製造機械の改良、製造ラインの見直し、製造過程での新たな機械の製作、そして、直行率。
38.6%からスタートし、一時的に100%達成し皆で大いに慶びそして、現在97.95%。

ブラシの命毛を残す事ができないか、割れにくい構造のブラシができないか、面相筆の様な細いブラシができないか、インクの目詰まりが起こりにくい構造ができないか等々試行錯誤し、中空誘導芯の周囲にリブがあり、ブラシの外側からインクを誘導する事ができる塗布具で特許取得するに至りました。
弊社ロゴマークの特許製品は、ブラシに使用する繊維の本数は40~60本なので、繊維数誤差±2本以内で製造しなくては成らず、その精度を機械に持たせる為に、原材料フィーダー側の改良に苦労し、精密機械の様な精度が必要であった為開発に2年以上の歳月を費やしました。

既存ブラシの品質向上、良品製造の必要性から当たり前を大切にし、少しは誇りが持て暖かみがあり、社員互いの存在を何時も認識でき、他社様に認知される企業風土の構築、量産体制の確立に伴う安価対策、大学等との共同研究による新たなブラシ市場開拓・技術活用開拓と、企業本来の利益追求を置き去りにして邁進して参りました。

しかしながらその甲斐あって、ここに来てやっと品質・製造体制・企業風土・価格等が認知され始め、これを機にブラシでビックワンではなくオンリーワンを目指し、創意無限から創作無限を旗印に精進して参る所存で御座いますので、何卒・何卒皆様方の御指導の程宜しくお願い申し上げます。

代表取締役会長 川畑 繁二

会社概要

■会社名
株式会社 soliton corporation
■所在地
◎本社
〒600-8813
京都市下京区中堂寺南町134番地京都高度技術研究所8C06
>> Map
TEL 075-555-3438

◎奈良事業所(奈良工場)
〒630-8452
奈良県奈良市北之庄西町1-8-4
>> Map
TEL 0742-62-0038
■役員構成
代表取締役会長  川畑 繁二
取締役      川畑 慎一郎
取締役      牧 信介
取締役      鎌田 俊幸
取締役      那須 真樹
取締役      中原 賢一
■資本金
5,019万円

ヒストリー

〔筆〕発祥の地、奈良
そこで育まれ、継承されてきた伝統の技術。
私たちsoliton corporationのルーツです。

その伝統的な筆(ブラシ)づくりの技術を体系化、データ化してオートメーション工程の開発に着手。更に動物愛護の観点から化学繊維を材料に選びました。
そして、世界初にして唯一のオートメーションによるブラシ穂首製造機を完成させました。今やラインフル稼働での生産力は他の追随を許しません。
これからもグローバル企業を目指して邁進して参ります。

事業内容

弊社は、筆ペンをはじめ、アイライナー、アイブロー等のブラシを累計2億本以上納品して参りました。ご採用頂いたメーカー様は、ゼブラ、パイロット、三菱鉛筆などの筆記具メーカー、
そして資生堂、カネボウ、コーセー、花王、シャネル、クリスチャンディオール等の国内外の化粧品メーカーです。

現在はブラシ・穂首の新しい可能性を探るべく、新たに京都工芸繊維大学との共同研究によりブラシを用いた傷のつかない搬送手段の開発を進めており、約2年を経て特許2件を出願。実用化に向けて進んでおります。

アイライナーにつきましては、ブラシのパーツメーカーとして蓄積してきたノウハウや経験に基づき、従来品のインク吐出機構の課題を抽出。それらを解決できる機構を発明し、先ごろ特許登録に至りました(特許第4395189号)。

これまで弊社はパーツメーカーとしてブラシ部分の開発・製造・販売に特化して事業を推進して参りましたが、この特許技術を核として、ブラシパーツメーカーとして培ったアイライナー容器メーカーやインクメーカーなどとのアライアンスを強化し、アイライナー完成品の供給を出来る体制を確立しました。

このことにより従来通りブラシの供給からブラシ+容器セットの供給、完成品OEM供給、そして弊社独自製品の供給と事業の領域を拡大致しました。